カギが壊れて家に入れなくなった友人を家に泊めている
僕の実家は仙台市にありますが、現在は親元を離れて大阪府で一人暮らしをしています。なぜそうしているかと言えば、将来は「英語」に関する仕事に就きたいと僕は思っており、その希望を叶えるため、関西の外国語大学に通うことにしたからです。
18年も一緒に暮らしてきた両親と離れてしまう、初めての一人暮らしにはなかなか慣れませんでしたが、幸いにもこの大阪で気の合う友人も作ることができ、今はどうにか自活しています。

さて、先日のことなのですが、こちらで出来た友人の一人が急に「カギが壊れて家に入れなくなったから、今日泊めてくれない?」と言ってきました。事情を聴くと、その子も僕と同様に一人暮らしをしているのですが、借りているマンションのカギが壊れてしまって中に入れず難儀しているとのこと。
相談を受けた時点で時間は21時を越えてしまっており、もう他に泊めてくれそうな相手もいないとのことで、僕はその友人を家に招き入れました。

問題だったのは、この友だちが女の子だったこと。しかも僕の方は彼女を「ちょっといいな」と思っていたので、色々と理性の面で大変でした。

結局、その日は何事もなく終わったのですが、隣に女の子が寝ているかと思うと、僕はなかなか寝付くことができず、翌日は寝不足になってしまったのです。